静岡県掛川市にある特別養護老人ホーム「かけがわ苑」

ホーム > 職員・ボランティア募集 > 職員の声
職員・ボランティア募集
下記サービスを行っています。
特別養護老人ホーム かけがわ苑
短期入所生活(ショートステイ)
通所介護(デイサービス)
居宅介護支援(ケアマネジャー)
地域包括支援センター
養護老人ホーム掛川市 ききょう壮
職員・ボランティア募集

職種紹介

区切り線
特別養護老人ホームかけがわ苑・かけがわ苑短期入所生活介護事業所
介護職員

介護職員 特別養護老人ホーム介護室です。
かけがわ苑では、利用者様の暮らしやすい生活の提供を心掛けています。
食事、排せつ、入浴も利用者様のできる力(強み)を最大限に活かし、なぜそうなるのか?どうしたらよりよい生活になるのか?その人らしい生き方を支援していくことを考え、試行錯誤しながらサービスを提供しています。行事一つを通しても五感を活用し刺激ある内容にし、一緒に喜び、笑いあい、支えあうなどを日常生活の中での支援をすることで、私たち職員も一緒に成長させていただいています。介護はとても魅力ある仕事です。

区切り線
夜勤専門介護職員

『働き方を選べる時代』当苑はいろいろな働き方を提案させて頂いております。
その中に、夜勤専門職員16:30〜翌9:00までの就業(休憩時間2.5時間含む)という働き方があります。Wワークを希望される方、社会貢献に興味がある方、退職後の勤め先など働いている方の考え方は様々です。 介護の仕事に興味はあるが、資格や経験がない。まずは、職員のサポート的な役割から始めてみるチャンスです。大切にしたいことは、そのかかわる方への思いや考え方に寄り添い、一緒にその時を不安無く過ごすことと考え、皆さんの笑顔、喜び、安らぎ、楽しみを共有できる場をご用意させて頂くことです。利用者様に真心をもって接し、その人の生活の質の向上を目指す職業があります。介護を通じて社会に貢献してみませんか。スーツがなくても革靴がなくてもクリエイティブな仕事はここにあります。

区切り線
看護師

看護師特別養護老人ホーム医務室です。
老人ホームでの看護師の仕事は、利用者様の健康管理です。
入所時にはご家族からも直接お話を聞かせていただき、医療面に関して本人も含めたご家族の意向に沿って安心した生活が送れるように支援をしています。
病院のように様々な医療機器を使用して点滴や酸素、モニター管理を行うことはありませんが、家庭と同じような生活の中で看護師というプロの目線で日々の体調管理を行うことで、一日でも長く利用者様が健康に過ごせるよう努めています 。

区切り線
介護支援専門員

介護支援専門員施設ケアマネジャーの仕事は、利用者様個々の生活を確立するためのケアプランの作成、ご家族と支援する職員が顔を合わせるサービス担当者会議の開催、入院者の退院に向けての調整、新規利用者の面接。
また、介護認定更新の手続きや利用料の請求などがあります。
どれも多職種の協力がなければ出来ない仕事です。
利用者様に寄り添い、一人ひとりの意向やご家族の意向を汲み取ることで、「その人らしい生活を送る」支援が行えるよう、多職種の調整を行う役割を担っています。

区切り線
生活相談員

生活相談員生活相談員の主な仕事や役割として、施設入所・利用者の相談援助業務、入所施設の入退所手続き、地域の関係機関との連携・調整、苦情の窓口調整業務、ケアマネジャーとの連絡窓口、居宅サービスの利用開始・中止に係る業務等々様々です。
多岐にわたり業務がございますが、常に専門職としての解決策を探り、より良い介護サービスの質向上における重要なキーパーソンとして役割を果たせるよう心がけております 。

区切り線
栄養士

栄養士特別養護老人ホームの栄養士の仕事は、大きく分けると利用者の栄養管理と毎日の食事を安全に提供するための給食管理業務となります。
介護職員や看護師からの情報や毎月の体重測定、定期的な採血データ等を確認し、栄養状態を保てるように調整していきます。
食べることは、生命の維持だけでなく、楽しみや幸せを感じることが出来る時間です。慣れ親しんだ地域の味を大切にし、歯がなくても食べられるソフト食の提供を行うことで、いつまでも口からおいしく食べられるようにサポートさせていただきます。
毎日のその『一食』に心を込めて、笑顔になっていただける食事となるように日々精進していきます。

区切り線
事務職(法人本部事務局)

事務職 社会福祉法人の事務の仕事は多岐にわたります。
来客対応、電話対応、経理、報酬請求、法人の運営に関わることなどです。
不安を抱えて相談されに来られる方に少しでも安心してご利用して頂けるような接遇方法や、直接処遇に関わる多職種の方が円滑に活動を進められる様に適切な事務処理、連絡・報告と言った連携等、事務として出来ることを日々考え、施設の裏方として勤めています。

区切り線
かけがわ苑通所介護事業所
介護職員

介護職員一日の始まりは利用者様のお宅での「おはようございます」からスタート!利用者様のお顔を拝見し仕事への任務を改めて意識します。
苑に戻ってからは入浴、アクティビティ、昼食、レクリエーションと多岐にわたりますが「あっ」という間の一日です。毎月1回の季節行事では、いろいろ趣向を凝らし、楽しく過ごしていただいています。「良かったよ。また来たいよ」と常に言っていただけるよう利用者様に寄り添ったサービスを心掛け、日々努力しています。

区切り線
看護師

デイサービスでは、現在2名の看護師が、利用者の皆さんの健康管理をしています。
デイサービスには特別な設備や器具、お薬はありません。
その中で、五感をフル活用し、皆さんを「よく見ること」を心掛けています。体調に不安や変化がある時は、早めに、ご家族やケアマネジャーと連絡を取り、必要時には早めのお迎えや、受診をお勧めすることもあります。
皆さんが安全に安心してデイサービスに元気で通えるよう、ご協力をお願いします。

区切り線
生活相談員

生活相談員 仕事内容としては、現場での介護業務から、面談、契約手続き、書類類作成、スケジュール管理、他機関との連絡調整等、業務は多岐に渡ります。
デイの生活相談員にとって一番大切な事は『繋ぐ』事だと思っています。
利用される方々へ適切なサービスが提供出来る様に、利用者や家人の支援、関わるスタッフや関係機関のサポートを行う職種です。

区切り線
かけがわ苑居宅介護支援事業所
介護支援専門員

介護支援専門員居宅介護支援事業所の介護支援専門員は、介護保険において、要支援・要介護と認定された方に対して、アセスメントに基づいたケアプランを作成し、ケアマネジメントを行っています。
利用者が適切な介護サービスを受けられるように「利用者と家族」と「介護事業所」の橋渡しも担い、介護サービスが円滑に実施されるよう、関係各所と連絡調整を行っています。
この他にもサービス担当者会議、ご本人やご家族からの相談業務など行い、「介護が必要な方と介護保険サービスを繋ぐ」役割をしています。

区切り線
掛川市西部地域包括支援センター
主任介護支援専門員

主任介護支援専門員 地域包括支援センターの主任介護支援専門員について
@介護支援専門員への指導力。
A地域力
B主任介護支援専門員自身のケアマネジメント力
上記3つが求められる資質としてあげられます。
主任介護支援専門員には、介護支援専門員がケアマネジメントを実践できるように環境を整備するという業務と、個々の利用者を援助していく際に介護支援専門員の実践をサポートするという業務があります。

区切り線
保健師、看護師

保健師、看護師保健師、看護師は、介護が必要な時期をできるだけ遅くするための「介護予防」活動に努める役割を担っています。
具体的な業務として個別の支援では、高齢者の方や家族が抱える介護・健康・生活上のお悩みや心配事の相談をお聞きし必要に応じて、健康づくりを応援するためのケアプランを作成しています。地域への支援では、介護予防の意識増進を目的とした包括広報誌の作成や地域に出向き健康講話をおこなっています。また、高齢者の皆さんがいつまでも健康で地域の人同士で支え合い住み慣れた地域で過ごし続けられるための仕組みをつくるために地域の住人や様々な関係機関とのネットワーク作りに取り組んでいます。

区切り線
社会福祉士

社会福祉士高齢者やご家族等の相談を総合的に受けるとともに、訪問等により、どのような支援が必要か把握し、適切なサービスにつなぎます。
また、高齢者の消費者被害や高齢者虐待など様々な問題に対し必要な支援を行います。

区切り線
養護老人ホーム掛川市ききょう荘
支援員

支援員 支援員の仕事は、主に利用者様の日々の生活で出来ない所を支援していく事です。
基本的には自立の方がほとんどですが、中には障害や疾患などで自分で洗濯や掃除が出来ない方もいます。
そういった方たちの支援を行ったり、利用者様一人一人と向き合って話をし、出来るだけ利用者様のニーズに応えられるよう支援しています。

区切り線
看護職員

看護職員ききょう荘では自立を目指しての支援や指導を目的としています。
その中で健康面での支援を行っているのが医務室です。
仕事内容は、入所者の健康管理、薬剤管理、感染対策、病院受診の対応です。
受診は入所者の高齢化に伴い、病院での先生の説明が理解できなかったり、本人の思いが上手に伝わらなかったりでほとんどの方に付き添いが必要となってきています。

区切り線
生活相談員

生活相談員養護老人ホームでの生活相談員の仕事は利用者さんの生活上の相談や事務に対応します。
入退所に関すること、市町や他サービス利用の調整、施設内外の行事の調整など行っています。日頃から利用者や職員と一緒に元気に仕事をしたいと思います。

区切り線
栄養士

栄養士現在のききょう荘には、下は60代前半、上は90代前半の方々が入所されています。
食事スタイルや嗜好も幅広く、グルメ志向の方が大勢いらっしゃるため食事への期待度がとても高いです。
そのため、日々の食事はもちろん、行事でお出しする食事は喜んでいただけるよう気合を入れて企画をしています。
おいしく食べ、健康的に過ごしていただけるようこれからも皆さんの声に耳を傾けていきたいと思います。

区切り線

▲このページの先頭へ
ホームかけがわ苑在宅サービスききょう荘法人概要ブログ:笑顔のわ個人情報保護・セキュリティ方針pdfお問い合わせ
Copyright © 2011 掛川社会福祉事業会 All rights reserved.